米のロシア制裁法案に報復在露外交官削減せよ!

米国に駐ロ外交官数の削減求める!

関係悪化不可避に!

ロシア外務省は、米上院で制裁強化法案が可決されたことへの対抗措置として、米政

府にロシア駐在の外交官の数を減らすよう求めたことを明らかにした。

ロシアは7月28日、米上院が27日に対ロシア制裁強化法案を可決したことに対す

る報復措置として、9月1日までに在ロシアの米外交要員を削減するよう米側に要求し

た。同法案については、ロシアとの関係改善を模索するトランプ大統領が拒否権を行使

しても、法案を圧倒的多数で可決した議会が覆し、成立する可能性が高い。米ロ関係の

悪化は不可避の情勢だ。

ロシア外務省は28日、在ロシア内の外交要員を455人まで削減するよう要求する

と発表。モスクワにある米政府施設も8月1日に閉鎖する。ロシアは昨年末にこれらの

措置を取る用意をしていたが、トランプ政権との関係改善を期待して実行を見送ってい

た。外務省はさらなる追加措置を示唆しており、対決姿勢を強めている。

一方、米議会はトランプ氏が対ロ制裁緩和に動くのを危惧し、法案で大統領が制裁緩

和や解除を決める際に議会審査を義務付けた。オバマ前政権はロシア政府による米大統

領選介入疑惑への報復として、昨年末に米国内のロシア政府施設を閉鎖。トランプ政権

は施設の返還を検討しているとされ、法案はこうした動きを封じる狙いがある。

ロシア疑惑はトランプ氏の側近にも及び、議会は娘婿クシュナー大統領上級顧問らを

聴取するなど厳しい追及を続けている。政権は大統領の権限を侵害すると法案に反

発するが、トランプ氏が拒否権を行使しても憲法の規定に基づき議会が3分の2の賛成

で覆すのは避けられない情勢だ。(c)時事通信社